車検の有無

インターネットや中古車情報誌で中古車を探していると、同じ年式、走行距離なのに、妙に安い車が出ていることがあります。よくよく条件を見てみると、車検がついていなかったりします。これは、新車登録から丸3年で初回があり、その後は2年ごとに法的に義務付けられている点検です。一部例外もあり、レンタカーであった車に関しては、新車登録から丸2年で初回ということになります。ですから、これをしないと乗ることができないのです。安全・安心に乗るためには必要なことなのです。
これをすることで、タイヤやエンジン、ブレーキパッドなどの確認をし、必要に応じて交換をしたり、改造がないかどうかなどを定期的に見るのです。
この費用は意外に高額になるので、その有無によってもかなり表示価格が異なるわけです。通常は、税金や自賠責、点検費用などを含めても、プラスで10~15万円くらいになるので、付いていない場合ではさらにかかると考えた方がよいでしょう。交換するパーツが多いと、さらに費用が高くなるのです。ですから、このあたりはしっかりと確認しておく必要があります。
ディーラーで行うと割高ですが、町の修理工場などでやってもらうと、多少は安く済むので、相談してみるのもいいでしょう。

コメントは受け付けていません。