市場の動向について

中古車の買取価格や販売価格は市場の動向を基に予測されていますので、人気や取引量によって価格が決められていきます。中古車業界では買取店の査定とディーラーの下取りでは算出方法が異なりますが、買取店では取引実績によって価格が決められています。人気度やオークションの取引実績から動向を判断して価格が決められるため、正当な価値での査定が可能となるのです。下取りでは基本的な価値が予め決められていて、コンディションによって査定額を算出するのが普通です。ですから車種と年式、コンディションによって決められるため、人気度などの取引実績はほとんど考慮されないのが普通です。しかし最近ではディーラー系列の買取店がありますので、取引実績を基に査定が行われるようになっています。また系列の中古車販売店がある場合には、人気度などの取引実績を価格に反映できるようになっているのです。中古車も需要と供給を基に流通していますので、人気が高く流通量の少ない車種ほど高くなりますし、流通量が多ければその分だけ価格が下がってしまうのです。中古車の需要と供給は常に変動しているため価格も変動するのが普通ですから、高く売りたい場合や安く買いたい場合には需要と供給を見極める必要があります。

コメントは受け付けていません。