下取りって何?

車の下取りとはいったいどのようなものなのでしょうか。
車を新しく買いかえる際に、買う車の販売店で車の購入代金の値引きとして車を引きとってもらうことをいいます。
各販売会社が用意する基本価格表を元にし、そこから車両のダメージなどの査定をおこなってから減額し価格を算出します。
査定される内容は、車の年式、走行距離、車の事故暦、グレード装備品やオプション、車両の現在の状態、純正品があるかどうかなどを調べていきます。
走行距離は少ないほど良いですし、年式は新しければ新しいほど高い価格がつきます。
車両にキズやへこみなどのダメージがあったり、純正品ではなく車外品のパーツが取り付けられている場合などは、査定でマイナスとなってしまいますので、簡単に直るキズなどは修理しておいたり、純正品があればそちらを準備しておくことが大切です。
この方法は車を売る際に、最も一般的な方法として昔から多くの人が利用しています。
車の売却と購入手続きが一度で同時に行えるので、簡単なのが魅力です。
また、納車まで今乗っている車を乗っていられるので代車を用意する必要がありません。
このように、面倒な手続きが最小限で済むところが大きなメリットになっているでしょう。

コメントは受け付けていません。