走行距離

車を購入するときには、経済的に余裕があれば、新車にするのが一番安心ですが、中古車でもかなり高品質のものもあるので、検討する価値があります。特に新車登録から2~3年の走行距離があまりいっていないような車が狙い目です。車によっては、新車のときの半値くらいまで下がることもあるので、こだわりがなければ、お得に購入できるのです。
登録から1~2万キロくらい走行をしている車であれば、かなり状態もいいといわれます。エンジンがちょうどいい感じで回ってきたころであり、走ってみても絶好調です。
国産の車であれば、ある程度の走行をしていても、それほど故障も多くないのですが、外車ではかなり走行の距離によって、車の状態が違ってきます。なるべくなら、それほど走っていないものを選びたいものです。外車で9万キロを超えたころには、部品も交換も多くなり、故障が出る可能性もかなり高くなって、修理代も高くなるので覚悟しましょう。電気関係が弱くなるので、センサー交換などが出てきたりするのです。
とはいえ、走行が10万キロをかなり超えた車でも、コンディションがよいものもあり、上手に見極めて購入していくといいでしょう。自分でわからなければ、詳しい人に見てもらうのもよいでしょう。

コメントは受け付けていません。